Home > 香港 Archive

香港 Archive

香港行ったり来たり

  • Posted by: margaret ohara
  • 2014-10-24 Fri 21:53:28
  • 香港

1988年、夫となる人と初めて訪れてから、

飽くことなく、何度も何度も香港へ旅をした。

ひとりだったり、夫とともに、あるいは友人と。

その時その時で旅の内容は変わった。

彼の都市は経済発展とともに物価も高騰、

何か買おうとすれば手頃な値段で手に入るのは日本ほう。

街歩きは喧噪でイライラする。

それなのに日本に戻ってくるとすべてが懐かしいのだ。

香港へ恋いこがれ、その時間に恋いこがれ、何度も何度も帰りたくなる。


miyaIMGP0933.jpg

miyaIMGP0962.jpg

「香港トラムでぶらり女子旅」

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-12-02 Mon 23:32:47
  • 香港
1988年はじめに香港へ旅することになりました。

少し怖い場所へ怖いものみたさ・・でした。

そして夫となる人と、いざ、香港へ。

その時はホテルの予約もとらずの行き当たりばったり旅。

まったくもって怖いものみたさというより、怖いもの知らず。

空港から市街地に向かう間、

おもちゃ箱をひっくり返したような景色に大興奮、

なんどもなんども・・すごいねぇ!すごいねぇと連発する私です。

それからは九龍、油麻地あたりを何度も何度もリピート、

怖い・・、からもっと知りたいへ。

それがあるきっかけから香港島へ宿泊するようになります。


油麻地での滞在を繰り返す何度目かの香港で、

香港島にある友人の友人宅へ同行。

まるでヨーロッパといった坂道にあるお宅へ向かう途中、

街頭に照らされたザ・エンペラーホテルに出会います。

次は絶対ここに泊まりたい!

東洋と西洋がクロスオーバーした独特の魅力。

そして2001年、念願が叶います。

それから現在まで、

香港島のトラムは私にとっては香港滞在にかかせないものになりました。

ぎぃ・・ガチャン、グゥグゥグゥ・・チチチ、

こんな乗り心地悪い、うるさいことこのうえもない乗り物。

でも、これに乗らない香港なんて・・。


そんな気持ちを掻立てる、素敵な本が出ました。



”香港トラムでぶらり女子旅”


So in Love with Leslie 写真集

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-09-18 Wed 22:43:15
  • 香港

本日、海外郵便で届きました!

情報を得てから購入まで2時間半。

PayPalのアカウントを作るところから、

事前購入まで四苦八苦。

なんと通常購入のようにカートに入らない。

中国語翻訳、サイトの仕掛けを乗り越えて・・・。

初めての自力購入・・、そのうえ大好きな香港から!

届いた写真集のカメラマンはウィン・シャです。

映画「ブエノスアイレス」、大馬熱情演唱会・・、

アート色の強い、画集のような・・、

懐かしいインクの匂いもします。

すてきな写真集です。



映画 大英雄

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-08-17 Sat 21:41:12
  • 香港

先日、六本木シネマートで映画「大英雄」を鑑賞。

本当に、「楽園の瑕」の後で良かった!

トニー・レオンのタラコ唇は強烈です。

もはや、どんな役をやってもあの映像が・・・。

YouTubeから、最後のシーンを見つけたのでup。

とにかく香港映画のスター揃い。

すごいメンバーです。



監督
ジェフ・ラウ
映画総指揮
ウォン・カウェイ
出演
レオン・カーフェイ
トニー・レオン
レスリー・チャン
ジャッキー・チュン
ブリジット・リン
ジョイ・ウォン
マギー・チャン
カリーナ・ラウ

楽園の瑕 最極版

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-07-29 Mon 22:22:11
  • 香港


王家衛の最新作「 グランドマスター」が公開されたこともあり、

また、たぶん、今年は張國榮の10年記念會といこともあるでしょうか?

シネマート系列で王家衛の映画祭が開催中です。

手始めに「楽園の瑕 終極版」、夫とシネマート六本木へ。

この映画は香港の武侠小説をもとにしたストーリーです。

夫が好きそうな題材じゃないですが。

でも、本命の「大英雄」を見るためには、

どうしてもこの映画を見る必要があります。

「大英雄」は「楽園の瑕」の合間に撮ったパロディ&コメディ。
(スタッフ同じらしいです。)

なんといっても張國榮はコメディに出演している時が楽しそう。

日本初公開・・、見ない訳には!


で、「楽園の瑕 終極版」ですが、

この作品は張國榮をメインに再編集しています。

最初の作品と比べると骨組みが分かり易くなった印象。

そしてカメラの捉える張國榮は限りなく美しい。

いや、すべて出演者が美しく、映像の色彩も・・。


次は「恋する惑星」〜「大英雄」の順番でいきます!


楽園の瑕 終極版
鑑賞特典、先着20名さまで頂きました。


楽園の瑕 日本語吹き替え版

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-05-18 Sat 21:32:25
  • 香港
ちょっと調べるとYouTubeで映画が丸ごとアップされていて、

これじゃぁ、レンタルも減る訳です。

でも、便利ですわ・・。

王家衛の「東邪西毒」、邦題が「楽園の瑕」
(わざわざ別のタイトル付けるところは理解出来ません)

主人公は張國榮、梁 家輝、梁朝偉・・・、
女性陣もすごいです。
詳しくは下記でごらんくださいまし。

http://ja.wikipedia.org/wiki/楽園の瑕




香港映画と張國榮

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-05-11 Sat 22:26:53
  • 香港
昨年の晩秋から、ハマって早半年。

写真にはない、ブエノスアイレスも本日鑑賞。

流星語、金玉満堂、色情男女、家有囍事,

この順番で購入。TUTAYAでレンタルすればいいのに・・、

そんな声が聞こえてきそう。

でも、ハマるってこういうことでしょう。

さすがに「男たちの挽歌」はレンタルかも。


流星語

流星語 1999年 ジェイコブ・チャン監督
この映画に登場するおまわりさんは「男たちの挽歌」で兄役のティ・ロン(狄龍)、
若かりし頃は香港、武術映画の主役をはる人だったようです。
この映画で香港電影金像奨最優秀助演男優賞を受賞。
勿論、主人公は張國榮ですが、子役にもしびれます。
映画の風景は香港島側、上環あたり、大好きな場所です。


色情男女家有囍事金玉満堂

勝香園

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-02-12 Tue 22:02:38
  • 香港

香港の昼時、上環の飲食店はどこも人で溢れている。

こちらのお店はトマト味のラーメンが人気の屋台。

身体のせいで食べられない。

夫に食べさせて一口スープと画策したけれど、

あまりにも混雑・・、諦めて別のお店へ。

ここは、張國榮の「流星語」のロケ地でもあって、

ラーメンでもすすりながら、映画に浸りかった・・。





勝香園

しつこく香港

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-12-20 Thu 22:31:32
  • 香港

この写真の香港が大好きです。

ふと、思い出したのが張國榮の「欲望の翼」。

映画にこんな景色は出てきませんが、

空気感でしょうか・・。

確か、2000年頃まで?、

多少のファンだったことを思い出しました。

その後、残念な知らせもありましたが、

その頃には気持ちが離れていたようです。

ところが最近になってYouTubeなど便利なツールもあり、

思いっきりハマっています(笑)

ああ〜、香港に行きたいなぁ・・。



hongkongトラム


まだまだ香港3

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-11-26 Mon 21:24:54
  • 香港

今年はそこそこ忙しく、

じっくりと旅の記録ノートが作れなかった。

では、・・というところで大怪我です。

バタバタせず休みなさいですね。

そんなこんなで香港旅行も小出しになってしまいました。

写真は香港の典型的な地域市場です。

旅先では必ず市場に行きます。


油麻地市場
油麻地市場



Home > 香港 Archive

Return to page top