Home > スポンサー広告 > 燈籠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Home > スポンサー広告 > 燈籠

Home > 想い出 > 燈籠

燈籠

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-12-28 Sat 23:49:54
  • 想い出
先月の29日は母の命日でした。

昨年はその時期、マンションの階段を踏み外して大けがをし、

今年はお店を始め年中バタバタの毎日。

やっとお墓参りと思った朝に、お腹にウィルスが入ってダウン。

正直、もう無理と思ったけれど、どうしても行きたい!と一ヶ月遅れですが、

行ってきました。実家は天台宗の古い古いお寺が菩提寺。

将来、ここに入れないのが残念なほど大好きな場所。

今回は久しぶりのふたりっきりのお墓参り、無事に済ませ、ほっとしました。

でもまだ午前11時です。

親戚の家へ・・、と、ご挨拶には時間が早い。

う〜んどうしようか?・・、腹ぺこかな?と早い昼食を。

その後、古い街並を歩きながら、古道具屋へ。

今年に入って見つけた掘出し物のお店です。

今回も良い買物は1500yenなり。

さて、ぼちぼち叔父さんのお宅へ・・と行く途中。

懐かしいRock喫茶に灯りが!、

でも、店主は30年以上前に他界したはずです。

入りたい・・、と夫の顔を見たら、入りたいんでしょう?

うん、そうなの・・、次はないかもしれないから。

じゃぁ、入ろう、と思ったらそこにはミュージックギャラリーと看板が。

なんだろう、まぁ、いいか、ギィ〜っと扉を開けてみた。

きれいに内装が入ったようです。でも作りは同じです、懐かしい懐かしい!

取り合えずカウンタ−に座ってみた。

あの、この店は入場料が600yenでこの中(リスト)から好きな音楽をリクエスト出来ます。

と、前オーナーそっくりな女性から説明をうける。

飲物はこの中から一種類サービスです(お〜いお茶など)

持ち込み可です。

夫がジェフ・ベックをリクエスト、一曲二曲聴きながら、

その女性に前オーナーのお姉さんですか?と尋ねる。

にこっと笑みをうかべ、そうですと・・・。

今日はここまで、
続く・・・。
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 想い出 > 燈籠

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。