Home > スポンサー広告 > ある日の病院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Home > スポンサー広告 > ある日の病院

Home > 健康生活 > ある日の病院

ある日の病院

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-05-21 Tue 21:32:28
  • 健康生活

このところ手強い貧血で病院通い。

重症ではないけれど、なかなか改善されない。

飲み薬が×なので、小さな点滴を週2回。

長年通った百人町の***病院は内科に処置室を併設していて、

そこで注射や点滴を受けます。

ベテランの看護師さんが四人、常時勤務しています。

彼女達のおしゃべりに閉口する時もありますが、

ベットの上でカーテン越しに聞いた、本日の彼女達の会話、

ベテラン年配看護師A「ねぇ、やっぱり仕事は楽しく笑いながらやらなくちゃねぇ。
          後で、ああ楽しかったなぁって思い出して、いいと思うよ。」(東北なまり)

中堅ベテラン看護師B 「そお?、覚えてればいいけれど、忘れちゃったら?・・。」(江戸弁) 

ベテラン年配看護師A 「・・・、忘れちゃったら?って、私にそれ言ったら、
           今にも忘れそうなのに・・・、」
中堅ベテラン看護師B 「忘れたことも忘れちゃったりして。」

中堅ベテラン看護師C 「あっ・・、ふう〜・・・。」と言いながら戻ってくる。

会話、終了。

軽いジャブの応酬に思わず、ぷ。

みなさん、あまりにも楽しそうで会話に割り込みそうになってしまった。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 健康生活 > ある日の病院

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。