Home > 日常 > 西の窓から

西の窓から

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-09-29 Thu 00:01:41
  • 日常

都内のマンションも高層階なると

遠くの景色が望めることが多い。

今日の現場は富ヶ谷のマンション内で、

山手線を少し入った8Fにあるキッチンスタジオ。

いよいよ撮影も終わる頃に、

ブラインドを上げきった窓から

強く長い西日が差し込んできた。

まだ5時台というのに随分と日が落ちるのが早くなった。

いつもと変わらない秋の始まりだ。

でも、たとえばそれは父が病院で亡くなった深夜、

あらゆる手続きをし終え、

一旦自宅に戻る頃には朝日が目の縁に眩しく、

鼻の奥は少し埃っぽいにおいがした、あの日、

さっきまでとは違うんだと戸惑った。

今、この西日を前にして、その日と同じように戸惑っている。


富ヶ谷




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 日常 > 西の窓から

Return to page top