Home > 日常 > 富士日記 読後感

富士日記 読後感

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-07-22 Fri 23:58:15
  • 日常
去年の秋口から読み始めて、

今日、上中下と三巻を読み終えた。

途中、時代小説の続編が出てそちらを先行して読んだり、

小出先生の”原発のウソ”を読んだり、と寄り道が多かった。

勿論、震災があり、とても読める状況じゃない日も多かった。

そもそもは友人から読んでみたらと送られてきた本だ。

読め始めは胸が詰まって、とても最後までは読めない、

困ったなぁとうのが正直なところだ。

でも、何故か頑張って読まずにはいられなかった。

それは自分が育ってきた時代背景を知る事でもあったからだ。

当時の彼らは現在の私でもある。

こころから読んで良かった。

友人には感謝の気持ちを伝えたい。

実は送られてきたのはこの三冊ともう一冊、”日日雑記”だ。

こちらは読まずに本日お返しした。

その一冊は自分で買い求めようと思ったからだ。

さっそく仕事帰り、神保町にある東京堂書店のふくろう店へ行った。



富士日記2富士日記3富士日記1



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 日常 > 富士日記 読後感

Return to page top