Home > 町歩き > 山谷堀を自転車で。

山谷堀を自転車で。

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-05-14 Sat 22:14:08
  • 町歩き
真夏の間、夜の浅草を散歩した時期があった。

家から必ず北に向かう。

地方橋から東浅草、野良猫だまりのある山谷堀沿いを歩く。

毎回、足が止まる角の家、

壁面にはサブリナシューズと書いてある。

古くてちょっと変わった窓の作りが目を引く小商いの家。

庭向きの二階はぼんやりと明るく、

見上げると天井の作りから和室とわかる。

黄色いオレンジ色がかった白熱灯のあかりだ。

空気が止まった熱帯夜の夜。

扇風機だけが回っているのだろうか?


今日の午後、初めて一階が見えた。

道路沿いの玄関が開いて庭越しの部屋が解放されていたのだ。

庭に向いたニ間続きの部屋、座卓の前に座った年配の男性が見えた。

ランニング姿で煙草を燻せている。

濡縁側の障子は煙草でうっすら黄ばんでいる。

部屋の中には男性、座卓、障子、柱、

それ以外はまったくなかった。

たぶん彼は何年も何年もそこに座って煙草をのんでいるのだ。

時代の流れてが変わっても、まったくもって変わらずに。





関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 町歩き > 山谷堀を自転車で。

Return to page top