Home > 想い出 >

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-03-18 Fri 21:33:09
  • 想い出
今日も表参道は閑散としていた。

昼前ということもあってか、

ビルの地下にある、そばの丸屋は私が最初の客だった。

いつもはたぬきそば、

でも今日は玉子丼に小さな蕎麦付きにしてみた。

客のいないそば屋はかすかにラジオが流れ、

地震と原発を忘れるようなリラックスした空間になっていた。

急に父のことを思い出す。

意識も混濁した最後の入院中、多少の励ましになればと買い求めた

昭和歌謡曲のカセットを個室の病室で流した。

その頃はこちらから一方的に声をかけ、父からの返事はほとんどない。

でもたった一度だけ、そう一度だけ、

カセットから流れる歌声に合わせて父が口遊んだ。

青江三奈だった。父の時代、そんなことを思い出した。




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 想い出 >

Return to page top