Home > スポンサー広告 > 神田神保町 俎橋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Home > スポンサー広告 > 神田神保町 俎橋

Home > 読書 > 神田神保町 俎橋

神田神保町 俎橋

  • Posted by: margaret ohara
  • 2010-12-25 Sat 00:43:16
  • 読書
今年はギリギリまで展示の仕事があって

精神的にも肉体的にもキツい・・。

でも、グズグズしていても終わらないので頑張ろう。

この仕事は神保町にある出版社から頂いた仕事。

何年か前に俎橋近くに移転しました。

先々月、神保町の東京堂書店で偶然手にした新書を読んでいると、

登場人物(実在した)が江戸末期に

その出版社の目と鼻の先で生活していた旗本夫人ということがわかった。

内容はそのお屋敷で過ごす彼女が最晩年に綴った日記の解説書だったけれど、

折りをみてその日記も読んでみたいと思う、面白さでした。

でも、いちばん感動しているのは

それから時代を経て、書いていた本人は思いもよらない、

日記を保存した収集家、それを見つけて現代に出版した研究者、

その彼女の旧居近くに出入りする私が本屋でその本を手にする、

偶然が必然のように繋がって行く・・そのことだ。


旗本夫人 井関隆子の日記




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 読書 > 神田神保町 俎橋

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。