Home > スポンサー広告 > つれづれと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Home > スポンサー広告 > つれづれと

Home > 日常 > つれづれと

つれづれと

  • Posted by: margaret ohara
  • 2010-10-16 Sat 22:00:06
  • 日常

3年前の年末、京都へ遊びに出かけた。

当時、仕事でお世話になった、浅井長楽園さんの、

いつでも入らしてください、という言葉に甘えて左京区のお宅に訪ねた。

何枚か手元にある、手刷り江戸型紙和紙は

その仕事で使ったものと京都で直接、買い求めたもの。

結局は紙筒に入れたままになっていたけれど、

適当な大きさでしっかりした空箱が(逸品会と一保堂)出来て、

捨てがたいしどうしようなんて思っていたら、

知人のブログで紙はりのリメイクが面白いと思い、

そうだ使える、ぴったりじゃないと、適当に作ってみた。(グレーのほう)

先日、頂いた一保堂の空き箱も、今度は冷静にデザインしてみました。(ディープブルー)

やっと無駄になりそうだった和紙が役に立ちました。


型紙和紙型紙和紙

お話は変わって、

今日は出先で生ししゃもを見つけた。

へぇ、珍しい、思わず夕ご飯のおかず用に買いましたが、

私ってししゃも苦手なハズ・・・トホホ。

でも、食いしん坊バンザイですから、勿論食べました。


生ししゃも写真よりはピンク色です。
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 日常 > つれづれと

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。