Home > 想い出 Archive

想い出 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

駒沢オリンピック公園

  • Posted by: margaret ohara
  • 2017-04-24 Mon 19:23:47
  • 想い出


今日は久しぶりに駒澤大学の駅から

当時の住まいへ初めて歩いた道順で忠実に辿ってみた。

ベトナムのかご

  • Posted by: margaret ohara
  • 2017-03-15 Wed 19:44:01
  • 想い出

ベトナムの市場から買ってきた、この荷造り紐で編んだかごは

当時、ベトナム旅行で持ち帰る買い物として流行したものです。

あまりに大きくて頑丈なのと、本体がかなり重いので

なんども処分しようと思いましたが踏みとどまっています。

今となっては貴重かなぁ、などと思い始めていますが・・・。


IMG_0229.jpg


シンガポールの籐椅子

  • Posted by: margaret ohara
  • 2016-03-15 Tue 23:27:51
  • 想い出
長い間気が付かなかったけれどこの椅子は座りやすい。

最近のお気に入りです。




#シンガポール 

帰える。

  • Posted by: margaret ohara
  • 2015-01-02 Fri 22:54:25
  • 想い出

時々、無性に帰りたくなる。

光やかおり、自分がいた場所にフラッシュバックする。



電車から地平線のオレンジ色。

繰り返し繰り返し、目の奥に焼き付く・・。

画材を持ち歩く私、父の病院通い、今はどこにいるんだろう。


IMG_2309.jpg

日に焼けた30年近く前の写真。

初めての香港で手にコンビニ袋とバナナのあどけない顔の夫。

その場所へ帰りたくなる。


母が病気を発症して、しばらく後に、

帰る、帰ると父を困らせた。

母は記憶がまだらの中、たぶん、不安のない記憶の自分、そこに帰りたかった、

今だったら分かる、そんな気持ちになる。

父や母に会いたくなる。

娘だった私に帰りたくなる。


籐のバスケット

  • Posted by: margaret ohara
  • 2014-07-24 Thu 23:53:30
  • 想い出

高校生の頃にフォークロアなるものが流行、

籐製のトランクを購入しました。

引越の度に破棄されることもなく、

かといえ、使うでもない状態でわが家に居続け、

数年前からは手作りモノの道具入れになっています。

昨年、夫が留具を踏みつけて破損しましたが、
(壊し屋さんです。)

幸い、困るほどでもないのでそのまま使っています。

先月、YouTubeで古い香港ドラマを見ていたら、

同じデザインのバスケットを小道具として使っていました。

ああ、これは中国製のトランクなのか?そうなんだ・・と、

そのドラマの背景、自分史、ちょっと歴史を感じました。


燈籠2

  • Posted by: margaret ohara
  • 2014-01-07 Tue 22:44:42
  • 想い出
あけましておめでとうございます。

昨年中に続くのブログを完成させたかったのですが、

どうもお店を立ち上げるまでの肉体的疲労と慣れない精神的疲労で、

いっぱいいっぱいになってしまいました。

年賀状!、大掃除!、お節!・・わぁ〜〜っと逃げ出したい状況です。

七草がゆの本日になって、やっと落ち着きを取り戻したようです。

今年こそ、身体の痛みから解放され、思うがまま動き回りたい!、

焦らずに無理せず、でも逃げることはせず、

自分に言い聞かせましょう・・!

さて、続くです。


”燈籠2"

尋ねる前にその瓜二つな容姿から、

そうであることは確信はしていましたが・・。



「私は高校生の時にこちらへ伺いました。

40年ほど前でしょうか?正確には39年前ですが、」

「そうですね・・・。」

そう答えた彼女はそれ以上は語らずに、

カウンタ−の向こう側にある小さな椅子に腰をおとした。

流れる音に軽くリズムをとりながら、前髪をさわる。

背中を椅子と壁に無理矢理押し付けるように、身体を小さく丸めている。

CD のリストを見ながら、目の端に彼女の様子が気に掛かり、

その当時、彼は同じ場所で同じ仕草で同じ姿勢・・・。

「お店はいつオープンしましたか?」

「2011年です。」

何十年も店構えは当時のままで、

わずか3~4年で主を失った「燈籠」というRock喫茶を

記憶ではなく現実の存在とし続けた、その理由が垣間見えた、

そんな気持ちになりました。

お店の滞在は20分足らず、

5坪もないような小さな空間、唯一当時と違ったのは

南側に大きな一枚ガラスの窓が出来ていたことです。

横の空間いっぱいのカウンターには、そこから日差しが気持ちよく差し込み、

時間が何ものにも捕われずに過ぎてゆく、、夫と私への大きな贈りものとなりました。


燈籠

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-12-28 Sat 23:49:54
  • 想い出
先月の29日は母の命日でした。

昨年はその時期、マンションの階段を踏み外して大けがをし、

今年はお店を始め年中バタバタの毎日。

やっとお墓参りと思った朝に、お腹にウィルスが入ってダウン。

正直、もう無理と思ったけれど、どうしても行きたい!と一ヶ月遅れですが、

行ってきました。実家は天台宗の古い古いお寺が菩提寺。

将来、ここに入れないのが残念なほど大好きな場所。

今回は久しぶりのふたりっきりのお墓参り、無事に済ませ、ほっとしました。

でもまだ午前11時です。

親戚の家へ・・、と、ご挨拶には時間が早い。

う〜んどうしようか?・・、腹ぺこかな?と早い昼食を。

その後、古い街並を歩きながら、古道具屋へ。

今年に入って見つけた掘出し物のお店です。

今回も良い買物は1500yenなり。

さて、ぼちぼち叔父さんのお宅へ・・と行く途中。

懐かしいRock喫茶に灯りが!、

でも、店主は30年以上前に他界したはずです。

入りたい・・、と夫の顔を見たら、入りたいんでしょう?

うん、そうなの・・、次はないかもしれないから。

じゃぁ、入ろう、と思ったらそこにはミュージックギャラリーと看板が。

なんだろう、まぁ、いいか、ギィ〜っと扉を開けてみた。

きれいに内装が入ったようです。でも作りは同じです、懐かしい懐かしい!

取り合えずカウンタ−に座ってみた。

あの、この店は入場料が600yenでこの中(リスト)から好きな音楽をリクエスト出来ます。

と、前オーナーそっくりな女性から説明をうける。

飲物はこの中から一種類サービスです(お〜いお茶など)

持ち込み可です。

夫がジェフ・ベックをリクエスト、一曲二曲聴きながら、

その女性に前オーナーのお姉さんですか?と尋ねる。

にこっと笑みをうかべ、そうですと・・・。

今日はここまで、
続く・・・。

春になると

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-04-12 Fri 22:48:59
  • 想い出

ふらふらと漕ぎ出す自転車の荷台を握りしめ、

両足を加速させて、車輪を押し出す。

あっと、荷台から手は離れ、

もつれた両足が地面に叩き付けられた。

両手、両足は土ぼこりにまみれ、うっすらと血がにじむ。

地面すれすれから、自転車が得意そうにスィっと離れて行くのが見えた。

やがて、不安げに自転車が止まり、じゅんこちゃんが振り向いた。くんちゃん・・、。

ほこりを払いながら立ち上がり、もう一回やろうと戸惑う彼女に呼びかける。

もう、乗れたからいいのに、何度も何度も。

そんなことを・・春になると思い出す。


英国の靴

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-05-28 Mon 20:21:17
  • 想い出
靴のお手入れをした。

今やらないと、冬まで忘れそうだから・・。

懐かしい靴も出してみた。

もう30年くらい前の靴なのにピカピカしていた。

過去の自分を褒めてあげたい。

今ではお手入れを忘れることが多いので、

沢山の靴達に申し訳ない。

昨日は出来るだけ磨いた、ブラシをかけた。

その中でこのグレンソンの靴が別格に輝いていた。

今年の秋はこの靴を履こう。


grenson
1866年創業のイギリスの靴ブランド。

オメガの時計

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-02-06 Mon 21:06:03
  • 想い出
母に卒業記念に買って貰った、オメガのクォーツ。

かなり古くなってきたが、

今のところは電池切れ以外で止まったことはない。

数年置きに電池を入れて替えていた神保町の時計屋も一昨年なくなってしまったので、

これからはその電池替えさえ困るだろうと思っていたら、

去年の夏頃に渋谷で偶然にオメガのビンテージ専門店を見つけた。

そして本日、持ち込むことになりました。

このところ寒かったからか、電池の寿命なのか、

時計の針が先週の土曜日から止まったり動いたり、

いよいよ、本体が壊れたかと覚悟しましたが、

どうやら、電池切れで済んだようだ。

今のところ問題なく動いてますが、

腕から外した夜半に、また止まってしまったら悲しい・・、ドキドキしますね。

ところで神保町の時計屋は高級腕時計、メガネのお店で、

ヨーロッパの古いお店にありそうな、修理専門のお部屋があって、

それがいかにも修理技術の高い印象で安心感がありました。

なくなってしまって残念ですが、

渋谷のITEMもとても感じの良いお店です。

電池交換はオメガで¥1,500也。その他のブランドも電池交換が可能らしい。

待ってる間にビンテージ時計を眺めていたら、もう一コオメガが欲しくなってしまい、

頑張って手に入れようと、ひとつ目標が立ちました。


オメガの時計



Home > 想い出 Archive

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。