Home > 残念 Archive

残念 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

お別れの日

  • Posted by: margaret ohara
  • 2014-11-11 Tue 23:58:18
  • 残念

9月、ル・ベスベの高橋郁代さんが大好きな花になりました。

まだ、雑誌のインテリア、雑貨が人気だった頃、

高橋さんは東急ハンズの花売場にいらした。

珍しい花や可憐な花、草花で溢れていた売場は

パリ風の花屋がめずらしくない昨今から比べ、

当時は画期的なコーナーでした。

撮影用にあれやこれやと溢れんばかり買い求めました。

あれから十数年、六本木通りの一筋うらのに店舗に変わっても、

いつも変わらない笑顔で、「マーガレットさん・・・。」と

声をかけてくれる、あの高橋さんと今日、お別れしました。


IMG_1922.jpg





受難の日

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-10-04 Fri 09:30:01
  • 残念
いろいろありまして、

そんな時には何か作るに限るわけです。

sarah blasko / gb3でMVを作ってみました。




救急車

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-11-22 Thu 22:19:12
  • 残念
少々忙しかったようで、

疲れが出て、マンションの階段でダイブしてしまい、

怪我をしました。

合掌

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-11-01 Thu 22:22:21
  • 残念

義姉が亡くなった。

10月27日・・、57歳だ。

この日は珍しく夕方から渋谷に出かけて、

ヒカリエの8Fで東京定食と大阪定食を注文し、

外食ではめったない、満腹までごはんを食べた。

翌日は久しぶりに何もない日曜日のはずだったから。

帰宅後、まもなく訃報が舞込んで、

それから昨日の告別式まで・・、

記憶の前後があやしい状態が続いた。

覚悟をしていたことでも、来ては欲しくない現実。

なんだか、悲しいより馬鹿だなぁ・・、残念だなぁと、

何度も何度も同じ言葉が頭の中を駆け巡る。


花


連休

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-05-05 Sat 23:44:50
  • 残念

このところめずらしく仕事が忙しくて、

こんな時は体調に要注意と思っていたら、

身内の病気やなにやらで、さらに自分の時間が少なくなり、

ギリギリで余裕がなくなってしまった。

結局は年末から三月くらいまでの体調の悪さが

改善されることなく、ここにきてデータとなって現れ、

今月いっぱいは大貧血のため点滴外来です。

そんな状況に追い打ちをかけるように

就寝中に大低血圧・・、頭痛と吐き気。

連休2,3,4日とベットでへばっておりましたが、

本日復活、これからは十分な睡眠を心がけて

あれもこれもと欲張らずに静かに生活しようと、月に誓います。



大きな月

食べ物のうらみ

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-10-29 Sat 21:52:51
  • 残念

急に思い出した。

先日、下北沢のfogさんが開催したイベントで

ドライフルーツのケーキを二種購入して帰った。

持ち帰った日にダークな方を夫とシェアして食べて、

もう一コは翌日に食べようと取っておくことにした。

といっても、ケーキを朝からは食べられないので

夕ごはんの後に食べようと、楽しみにしていたのです。

そう、とってもささやかな楽しみです。

でも、帰ったらもう食べられておりました。

そう云えば朝、「食べていい?」って聞かれたような、ないような。

それにしても半分取っておくとかさ、

そんな優しい気遣いがあったらうれしいのですが。

まあ、残念な夫婦関係です。



fog


demon days

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-10-07 Fri 01:54:13
  • 残念
仕事中に歩く足下を見たら、

ビルケンのサンダルが左右色違いになっていた。

朝、家を出る時にも見たはずなのに。

?????と思っても間違い変わらない。

まだ、下北沢にも神保町にも行かなくてはならない。

それにしても午前中は人の家にも上がったのだ!

ぼけるには早いけれど、危険だなぁ。

そのうえ、撮影小道具の返却し忘れが発覚。

これは自分の責任ではないところがある。

それでも言い訳はきかない、返さなくてはならない。

ますます、サンダルを披露して歩く距離が増えた。

でも、思いの外、以前ほど落ち込まない。







気仙沼の後輩

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-07-09 Sat 23:34:38
  • 残念

気仙沼に住む大学の後輩と

震災後からは密に連絡を取り合う。

ここ一ヶ月、バタバタと忙しくしていたので、

連絡が途絶えてしまった。

今週中頃、気になって電話をした。

携帯はすぐに留守番電話になったので、

取り合えず伝言を残す。

三日後に折り返しの電話があった。

「 電話が遅くなってすみません。実は父が亡くなって・・」

ええ!・・。

脳梗塞だそうだ。

77歳と高齢だが、彼女の話からはとっても元気そうだった。

今回の震災が負担だっただろうか?

いや、そうだと思う。

先祖代々住む場所がまったく知らない場所になってしまう。

自分が被災していなくても、それはとっても残念だったに違いない









震災その後

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-07-04 Mon 00:33:52
  • 残念
東京の日常は3月11日を忘れたような毎日。

電車の中でマスクをしているのは私くらいだ。

100人に1人もいない?

特別、神経質になる必要はないけれど、

用心して無駄なことはない筈だ。

目にも見えないし、政府は問題ないというし、

マスコミだって節電キャンペーンで忙しい。

何を信じていいのやら、野性の感頼り。

早く正確な情報が欲しい。





ベンジャミン

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-06-08 Wed 21:18:40
  • 残念
30年近く連れ添った?ベンジャミンが

今年の長い冬を越せなかった。

昨年からとても弱っていて、心配な状態だった。

最後の最後、2月中旬頃にカゼをひいて、

葉っぱが白く朽ちた。

それでも新芽が出ること期待して、

どうにか元気になるようにと思って、

毎日、様子をみていた。

でも、やっぱりダメでした。

枝も根っこもスカスカに。

ああ、終わったな、あっけないお別れです。





Home > 残念 Archive

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。