Home > 頂き物 Archive

頂き物 Archive

芍薬?

  • Posted by: margaret ohara
  • 2014-04-26 Sat 20:39:00
  • 頂き物

あのあでやかな芍薬は最後にはこんな色に・・!

なんだか色の変化がすごいです。


miyaDSCN6277.jpg

芍薬の花

  • Posted by: margaret ohara
  • 2014-04-18 Fri 22:05:11
  • 頂き物





仕事終了後にル・ベスベの高橋郁代さんから頂いた芍薬のブーケ。

あいにく花粉症と風邪のダブルパンチで香りがわかりません!

残念・・・。



オリエンタルなのにどこか西洋風。

南仏のピッチャーがよく似合います。


撮影の現場は西洋人のオリエンタル好みな感じで。

どちらもいい感じです。




miyaDSCN6252.jpg

水草

  • Posted by: margaret ohara
  • 2014-03-20 Thu 22:08:21
  • 頂き物

去年頂いた水草がなかなか成長しない。

葉っぱが水中から上に伸びない・・。

なぜ、何故、ナゼ?

ベランダからちょいとばかり分けて、片口にいれてみた。

ふむ、上に伸びて来た!

どうも水の量が多くて根っこがふわふわと定まらず、

それが原因のよう、やっぱり脚(根っこ)は踏ん張らなくちゃね。


DSCN6196.jpg



看板 うさぎ

  • Posted by: margaret ohara
  • 2013-12-18 Wed 21:10:01
  • 頂き物


開店のお祝いに頂いたうさぎの花瓶。

鹿児島さんという作家さんデザインのプロダクト商品です。

仕事でスタイリングすることはなんどかありましたが、

その時は欲しい!と思うほどではありませんでした。

ところが、お祝いは何が欲しい?と尋ねられて、

ふっと思い出したのが、これだったのです。

頂いてみれば、すっとお店に馴染んで、

最初から揃えたようではありませんか?


鹿児島さんのうさぎ花瓶


回復中です。

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-12-08 Sat 22:52:41
  • 頂き物
来週にはギブスが外れる予定。

毎日どんどん回復するのがわかって、

とっても励みになります。

いづみやさんから頂いたお花がまだきれいです。


お見舞い


石けんいろいろ

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-08-05 Sun 00:16:30
  • 頂き物
フランスやブルックリンのお土産。

使うのが惜しい包装。

でもでも実用品です。

使わなくては・・。

取り合えず、記念撮影。


石けん
石けん



ツバメノート

  • Posted by: margaret ohara
  • 2012-01-27 Fri 21:27:12
  • 頂き物

夫愛用のツバメノート。

神保町からの仕事帰りにその会社を見つけた。

自転車で偶然通りかかった。

夕方だったけど、明かりも付いていたから、

勇気を出して聞いてみた。

小売りしてますか?

すぐに大丈夫と言って頂いたが、多分、社長さんかな?

商品を受け取り帰ろうとすると、

どれでも好きな物持ってって下さい、

積み重なったノートを指差した。

じゃぁ、これを頂きます。遠慮もせずに2冊を持ち帰った。

どうもブルータスとのコラボのようだ。

なんだか嬉しい。


ツバメノート
ツバメノート


動物のブローチ

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-11-09 Wed 21:46:34
  • 頂き物

先日の仕事で頂き物をしました。

メゾンdeLEEの展示も二年目に入り、

今まで、たくさんの手作りを展示してきましたが、

その中で時々、欲しいなぁと思う作品に出会います。

担当者の前でちょっとつぶやきました。

買いたい・・(私)、私も・・欲しい(Nさん)、

作って貰いましょうか?(Iさん)

ところがつぶやいた三人全員が頂きました!

ありがとうございます!

でもうれしい反面、戸惑っています。

既製品じゃない、

ひと針、ひと針さして作ったブローチ。

大切にしなくちゃいけない、う~ん緊張します。


動物のブローチ

私が頂いたブローチはバンビです。



お茶がうれしい。

  • Posted by: margaret ohara
  • 2011-09-30 Fri 21:05:54
  • 頂き物

このところうちはお茶が品薄だった。

あるときはたくさん飲みきれないほどなのに。

ところが今週、いっきに頂きました。

一昨日は料理家のさわこ先生から、

快気祝いでマリアージュ・フレールのフレーバーティーを。

今日は料理家のゆき先生から台湾の文山包種茶。

写真は台湾茶のほうです。

結び紐がとってもいい。

どちらもまだ包装を開けていませんが、

水だしがおいしそうです。

そして自分も徳島県木頭の釜入り茶を

日本堤のエコロジー花で買いました。

こちらも実においしいお茶です。

冷めても味がおちない茶葉は初めてです。


文山包種茶





一保堂

  • Posted by: margaret ohara
  • 2010-10-10 Sun 23:38:54
  • 頂き物
今年のまだ肌寒い頃、

ちょっとしたきっかけで人情時代小説を読み始めた。  

高田郁さんの「みをつくし料理帖」。

ハルキ文庫から出版されている、書き下ろし文庫だ。

案外ハマっていて、共有出来る仲間が欲しくなり、

仕事先の方に、半ば押し付けの貸し出しをした。

先日、そのお礼と一保堂煎茶を頂く。

まぁ、海老で鯛ですね。

文庫の方は大変好評のようです。ほ・・。



一保堂

一保堂のお茶はオリジナルの茶器じゃなきゃ、

なんて、ひとり無駄にこだわってみました。

ところで、この茶器を購入した時にはわかっていませんでしたが、

この一保堂オリジナルは波佐見焼きです。

それもお世話になっている堀江陶器さんのOEMです。

世の中広いようで狭いのかな、と思ってしまう出来事でした。




Home > 頂き物 Archive

Return to page top